by Rainbow School
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 明るい老後破産、楽しい独居生活 | main | ロボット人間 vs 人間ロボット >>
終活? なんてイヤな響きなの?

知り合いの方から「あとはもう終活をするだけです」という一文が入ったメールをいただきました。終活。そういう言葉が、巷を賑わわせていることは知っています。でも、こういうダジャレは、私は嫌いです。冗談でそう書いたにせよ、イヤ〜な気分にさせられます。それは、死を感じさせるからではありません。死を誤解しているからです。その誤解を、さらに強化しているからです。

 

どうしてこんなくだらないダジャレに、多くの人たちが易々と乗っかってしまうのかな、と思います。私には理解できません。そうすることが、何か楽しいのでしょうか? ハッとするような気づきを、その人に与えてくれたのでしょうか? 終活、それは、人々の底に眠っている、潜在的な恐怖心の扉をノックし、そこに注意を向けさせることによって、産業化を狙っている人たちの策略です。

 

なぜ、それが判るのかって? 私自身が、かつては、そっち側にいた人間だからですよ。

 

みなさんに、ハッキリ言っておきます。「終活」などする必要はまったくないし、しようと思ってもいけない。なぜいけないのか? それが、「時間軸」で人生を考えるという発想の、最たるものだからです。

 

人生の終盤に差し掛かって、「自分の人生とは、何だったんだろう」という問いかけを、「終活」というものが、きっかけとして与えてくれる効果は、もしかしたらあるかも知れません。しかしそれでは、古来より延々と繰り返されて来た人生哲学の域を、一歩も出るものではありません。そんなことなら、なぜもっと若い時分から考えて来なかったのでしょうか?

 

・私は誰なのか?

・どこから来て、どこへ行くのか?

・なぜ私が存在するのか?

・なぜ生きねばならないのか?

・生きるとは? 死とは?

 

そしてこの問いかけに、すでに答えを見出していたならば、その人が「終活」などに取り組むわけがありません。

そのバカバカしさ、下らなさを、既にじゅうぶん認識していますから。

 

犬が、己れの人生(いや、犬だから犬生と言うべきかな?)の末期に「終活」を考えたりするのでしょうか? 猫生の最後になって、「終活」取り組んでいる猫を、あなたは見たことがありますか? そんなバカなことが “必要” だと思い込むのは、人間だけです。

 

「終活」なるものが解っていないと思うのは、自分の人生の意味を、まだ「何かを残す」ことによって示そうと考えていることです。それは、最後のあがきにも似て、見苦しい。私はそう思います。名前を残す。財産を残す。遺言を残す。成果を残す。この世に、自分が確かに生きたという証拠を残したうえで死にたい。でも、考えてみてください。1万年前に死んだ人の何かが、いま残っているでしょうか?

 

もしかしたら、骨が発掘されることがあるかも知れません。装身具が見つかるかも知れません。あるいは書簡が出てくるかも知れません。でもそれが、何だというのでしょうか? それが、その骨の主人、それを身につけていた人、それを書いた人を表しているのでしょうか? 想像することは出来ます。でもそれらは本人ではありません。単なるモノです。

 

このような、単なるモノや、自身の活動成果に、いつまでも執着していたのでは、この世に生を受けた意味や目的が、最後の最後になっても解りません。それは、前段に書いた、形而上学的問いかけには相変わらずきちんと向き合うことをせずに、今までしてきた、誤魔化しの生き方を、なおも延長しようとすることでしかありません。あなたの本質は、そんなところにはないのです。

 

あなたの本質は「魂」です。そして「魂」に死というものはなく、それは永遠に生き続けるのです。あなたが自分だと思っていた肉体は、単に、今世における借り物のドレスに過ぎません。この世で「死」と呼ぶ時期を迎えたときには、そのドレスを脱ぎ捨てて、本体の「魂」だけとなって、本当の我が家へと帰って行くのです。その引越し作業と、住所変更があるだけです。

 

さて、それが解った時に、今世、地上で生きたことの意味や目的は、一体どこにあったと言うのでしょうか? あなたが残した物や成果に、意味はないのです。他の誰かの役に立ったということはあるかも知れません。しかし、すべてはうたかた(泡沫)。あなたが為したことは、宇宙の永遠から見れば、瞬きするほどの間ですらないのです。

 

しかし、「魂」は違います。等しく、みな宇宙の子である「魂」は、母なる宇宙と同じく、また永遠なのです。永遠の無時間を生きているのです。あなたという「魂」は、地上でしか出来ない様々な体験を通して、自身の中に深く眠る「神性」を再発見し、それに触れ、少しずつ霊性を向上させて行く旅を続けます。そして、最終的に、「旅は必要なかったのだ」と知るのです。それが、この人生を生きる目的です。

 

さあ、解ったでしょうか? これを知っても、あなたはまだ「終活」なるものが必要だと考えますか? 大切なのは、いつでも「今」なのです。「今」のあなたの「あり方」なのです。ですから、「あり方」を変える決心をすれば、その瞬間から、あなたは変わる。人は、いつだって、自分を変えることが出来るのです。

 

人は老います。地上には時間があるからです。でも、あなたの本質部分は、無時間を生きているのです。このことを理解しましょう。理解して、地上の論理に、本質までもが巻き込まれないようにしてください。老いを、惨めなものや、心細いものと捉えないでください。老いの体験を、どのように楽しく、喜びに溢れたものにするか、それが「魂」にとっての課題です。

 

このことをしっかり認識して、どうぞ楽しい毎日を、そしてまた、他者を助ける中に喜びが見出せる人生を、最後まで全うしてください。