by Rainbow School
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 神は「居る」のではなく、「在る」のだ | main | “絶対的” なものなど、どこにもない >>
自己を解き放つとき

「自由」。この言葉を、おそらくこのブログの中で、これまでいちばん多く使って来たのではないでしょうか。それは、今の人間たちの苦しみや、不幸の原因、そのすべての根っ子が、同じ「不自由さ」に起因しているからです。しかもそのことに、人間は全くと言っていいほど気づいていません。あなたが日々感じている諸問題は、すべてあなたが「自由」でないところから生じているのです。

 

でも、ここで言っている「自由」は、一般的に考えられているものとはちょっと意味合いが異なります。宇宙では「自由」は「愛」と同義語なのです。この意味が解りますか? つまり、完全に「自由」であることは、イコール自分が、完全な「愛」の人になるということなのです。これが解れば、あなたは大きく飛躍します。今世生まれてきた目的を存分に果たし、そして帰ることが出来るでしょう。

 

人間たちは、「不自由さ」というものを、外から押し付けられる拘束だと考えています。そして「自由」を、自分の意のままに振る舞えることだと捉えています。ですから、人は「自由」になりたいと願う。ところが、人間を「自由」にしたら、社会秩序が破壊されてしまうと考える人たちがいて、これに「制限」を加えようとします。そこでいつも、「自由」と「制限」を巡って、綱引きが繰り返されるのです。

 

これは、本当の「自由」とは何かを知らないため、逆に言えば、「不自由さ」というものの根本原因を知らないためです。人間社会で言われている「制限」も、そして「自由」すらも、宇宙から見れば、実は、同じ「不自由さ」に他ならないのです。要は、両者が載っかっている基盤そのものが、「不自由」な領域にあるのです。ではいったい何が、また何から「不自由」だと言うのでしょうか?

 

それは、自分です。本当の自己です。真我です。

 

真の我(われ)は、つまり「魂」は、本当の「自由」というものを、生まれながらにしてちゃんと知っているのです。ところが、成長して知恵を持つようになると、その活動に意識的に「制限」を設けたり、〈欲望〉という名の偽物の「自由」によって、それを覆い隠してしまうのです。これが、その人に、根本的な「不自由さ」をもたらす原因となっているのです。

 

そこから、受肉すること(「魂」が肉体に入る=Reincarnation=転生)が、しばしば牢獄に入ることに例えられているのです。

 

我欲のままに生きることが「自由」なのではありません。むしろそれは真逆。自分を最も強く拘束させてしまうことに他ならないのですよ。あなた方も、それを半分は解っているはずです。だから、みんなよく言っているじゃありませんか。欲望に突き動かされて、何かに夢中になってしまうことを「ハマった」と。

 

肉体というのは、まことに不自由なもので、時空間の箱に閉じ込められ、移動が制限され、他人とコミュニケーションするのもやっかいだし、肉体を維持するためには、常に食事をしたり運動したりしなければなりません。霊界にいたときの、それまでの自由さがまったく失われてしまうのです。

 

その代わりに、肉体を持つことによって、「魂」はこの物質世界を知覚し、生きていくためのセンサーであるところの、いわゆる「五感」を獲得しました。けれども、幼少期はまだ「五感」の発達が未熟です。幼児は周囲にあるもの何に対しても興味を示し、見たり、聞いたり、触ったり、口に入れたりすることで、しだいに自分の外側にある世界を認識していきます。

 

この時期の「魂」は、本当の「自由」というものをまだ覚えているのですが、「五感」の発達とともに、外の世界に順応し、入れ替わりに、本当の「自由」を徐々に忘れていくのです。そして、家庭矯育、学校脅育、社会狂育によって、「魂」の真の「自由」は見事に歪められ、「幻の世界」を、しだいに真実だと思い込むように育てられていくのです。

 

でも、ここで想像してみてください。生まれたての無垢の赤ん坊は、そんな社会システムとはまだ無縁であったということに。

 

この、外に広がる世界観は、マス(mass)で構成されていて、多重構造である上に、かつ非常に強固なものですから、個人が異論を差し挟む余地がほとんどありません。自己の「魂」に素直な人は、なんとなく違和感を感じてはいるのですが、それを言ってもどうにもなりませんし、そういう人は、逆に「落ちこぼれ」と見なされ社会から排斥されてしまうのです。

 

一例を挙げましょう。今の世界においては「経済」というものが、政治上の一大問題となっています。不況の常態化、雇用問題、貧富の格差、貧困、飢餓、母子家庭問題、熾烈な競争、学歴差別、不正と汚職の蔓延、そして環境破壊まで。ほとんどのことが、「経済」が上手く回っていないことが原因で発生しています。しかしこれらの問題を、一挙に解決する道があるのです。

 

それは、「分かち合う」という考え方の導入です。「経済」活動の根底に、「分かち合う」という基本理念があるだけで、すべてが変わります。「分かち合う」という考え方があれば、富の偏在も、物の偏在もありませんし、ムダな競争をする必要もなく、それぞれに適切な雇用が見出され、貧困も飢餓もなく、学歴差別も必要なく、不正も汚職もなく、戦争のない世界が創られます。

 

これを、みなさんは夢物語だと思われるでしょうか? いいえ、そうではありません。成長した「魂」が創る世界は、いずれ必ずそのようになります。それが進化の法則だからです。ではなぜ、今はそれが実現できていないのでしょうか? その答えは簡単です。社会の基本に、出発点に「オレは、分かち合わない是」という思想が、当然のこととして横たわっているからです。

 

「分かち合わない」ことが「是」だという考え方が、「経済」活動の基盤を構成している。そのために、「経済」は富の奪い合いとなり、激しい競争が生じ、マスコミがこれを煽って人々に刷り込み、格差が生じ、この思想教育を学校で教え、学歴社会が生まれ、差別が生まれ、労働者は奴隷にさせられ、不正と汚職が蔓延し、環境破壊が止まらず、あまつさえ戦争まで起こしているのです。

 

複雑怪奇に見える世界も、元はたったこれだけなのです。人類が「分かち合う」という考え方を選ぶか、「分かち合わない」という考え方を選ぶか、そのどちらかなのです。今、人々の多くは、社会が上手く機能していないのは、現行のシステムがおかしいのではないかと思い始めています。そこで、あれを変えたら、これを変えたらと議論しています。

 

でも、根本はそこにあるのではありません。システムを構成している、元にある考え方こそを問うべきなのです。システムなど、元にある考え方がひっくり返れば、それに合わせて早晩変わっていくものです。こと経済に限らず、金融も、教育も、医療も、福祉も、環境問題も、全部があれよあれよという間に変わっていくことでしょう。重要なことは、どういう考え方の下に、システムを再構築するかなのです。

 

あらゆる面で破壊が進む地球。今のこの地球の混乱を治め、平和な世界を実現し、自然環境を元のように回復させ、人類という種が存続し、そして進化していくためには、根本にある考え方がどのように変わらなければいけないのか? その答えは、すべて共通しています。人類みんなが気づかなければならない、たった一つのこと。宇宙をつかさどる究極の答え。根本法則。

 

それは、「全部が一つ」ということ。あなた方に伝えたいことは、いつも繰り返し言っている言葉、ただこれだけ。あなたはわたしであり、わたしはあなた。ゆえに、あなたが為したことは、あなたに返る。他者を愛することは自分を愛することであり、自分を愛することは他者を愛すること。そこに分離はない。このことを根本に据えて、すべてを考え直しなさい。それが、今後のあなたの出発点になる。

 

その時に、忘れてならないのは、あなたも、現行の社会システムの成立に加担して来たという事実です。過去、何度も言って来たように、一部の富者が成立しているのは、それを支えている多くの貧者がいるからです。加害者がいて被害者がいるのではありません。みんなが合わさって、そういう社会を合意の下に創り上げて来たのです。ここに気づかないといけない。

 

いいですか、「」に目覚めるのです。

まさに気づき。気づきのジャンプです。

 

あなたの現実は、あなたが創っている。そう、これまでにも何度か言って来ましたね。これは、あなたが「現実」だと思って来たものは、あなたの「認識」に過ぎないからです。これが「現実」という、確固たる存在はどこにもない。あなたの「認識」の中にしかないものだからです。ですから、あなたの「想い」が、あなた固有の「認識」を創り上げ、あなたが思っている「現実」を、あなたに見せるのです。

 

そこで、こう言えます。

他者が選んだものに、自分が加担することをもうこれ以上やめるとき、それがその人の解放のときとなる。

そして、その人は、入れ替わりに本当の「自由」を思い出す。

 

友よ。そのようにして「自由」を思い出して欲しい。自分はそのように創られたということを思い出して欲しい。そうして、無限の「自由」を再び得て、無条件の「愛」の人になりなさい。その「愛」を周囲の人々に振りまきなさい。残された時間はもうあまりありません。あなたが目覚めて、周囲の人々に影響を与えれば、人類は変わります。地球も変わります。わたしがついています。だから勇気をもって、己の道を進みなさい。