by Rainbow School
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 『虹の学校』のこれから | main | 優越意識 >>
高僧と言われる人よりも、農村で暮らすお婆さんの方が人間的にずっと先を行っているように思えるのはなぜか?

多くの人は便利さを求めるので、人口が必然的に都市部に集中し、今や日本人の大半は、「生きる」ということを都市生活を前提として考えています。田舎と言っても今はクルマ社会ですから、30分も走ればショッピングセンターがあって、感覚的には都市部とそれほど違いがありません。そのような中で、取り残されたように、ますます過疎化している農村が点在しているのです。

 

そんなわけで、農村に暮らす人との接触も今は殆どないとは思うのですが、たまに旅に出た時、あるいはテレビ番組などで、毎日々々、黙々と畑仕事や手仕事をしているお婆さんの姿を見て、「この人は凄い!」と思わされたことはないでしょうか? 確か、司馬遼太郎さんも、「高僧よりも、農村で暮らす人間の方が、人間的にずっと先を行っているように思えるのはなぜだろう」と仰っていたと記憶しています。

 

私も、以前NHKで放送された『秩父山中 花のあとさき ムツばあさんの秋』を観た時には、大変な感動を覚えました。「ああ、自分もこうなりたいなぁ」と思ったのです。少しでも、その心境に近づきたいと思いました。50代の半ばから、段々とそういう気持ちが膨らんでいったのですが、それで自分も、戸数6戸という今の限界集落に移り住むことを決心したのです。

 

巷で言われているような、いわゆる「老後」などは全く考えませんでした。

人生設計はもうしない。今を生きる。ただそれだけです。

そこにどれだけ集中できるか、命を燃やせるか、瞬間々々を喜びに感じられるか、それが自分のテーマです。

 

老後破産が心配だ、病気になった時を思うと不安で仕方がない、一人暮らしじゃいかにも寂しい、と多くの人は言う。そんなものがなんだというのだ。瞬間々々を、心配と不安と寂しさで満たしてしまって、一体どうしようというのか? あなたの「今の気持ち」の連続が、あなたの人生だというのに。あなたの行動の軌跡が、あなたが何者かを決めるというのに。

 

農村で暮らすお婆さんは、身をもって教えてくれているよ。そんな心配は無用だって。土と水とお天道様があれば、それで充分だって。

 

高僧よりも、農村で暮らすお婆さんの方が、人間的にずっと先を行っているように思えるのは当然なんです。なぜって、実際にそうだから。人間性というのは、霊性の、この世における顕現です。つまりは、世間で高僧と言われる人たちよりも、農村の名もなき(名前はあるんですが、高名ではない)お婆さんの方が、霊的には遥か先を行っているということです。

 

なぜだか解りますか? より多くのものを捨てているからです。この世で生活しながら、この世の梯子段をもうほとんど降りている。そして自然を感じながら、自然と一体となって毎日を過ごしている。そのお婆さんにとっては、それが当たり前で、特別意識していることではないでしょうが、これこそが、宇宙に生きる、神とともに生きるということです。

 

でも高僧と言われている人から、その拠って立つ基盤(組織や神殿や財力や衣装)と、階位を取ってしまったらどうなるのでしょう? 全部はぎ取って素っ裸にしてしまっても、なおその人は高僧でいられるのでしょうか?

 

そう考えると、高僧といわれる人は(必ずしも全部が全部とは言いませんけれども)、世間と同じ梯子段を、宗教界に移築した上に乗っかっているだけなのではありませんか? なぜお付きの者をズラズラと従えるんですか? なぜ儀式の動員数を誇るのですか? なぜ信者数を誇るのですか? 多い方が他宗よりも上だとでも言うのですか? それは世俗の価値観そのものではありませんか?

 

つまり高僧とは、高層マンションのペントハウスに住んでいる人です。だからこそ、尊敬が集められる。同じ価値観の、遥か上にいる存在のように思えるから。けれども、その豪華絢爛たる神殿は、その人のものではありませんよ。よく言えば信者の寄進、悪く言えば信者からの搾取によって建てたものではありませんか。

 

果たしてそんなものが必要でしょうか? 霊性向上にとって、それが無くてはならないものなのでしょうか?

 

どうして気づかない? あなたの目の前に、自然という神殿があるではありませんか。宇宙という神殿があるではありませんか。これ以上のものが他にあるでしょうか?

 

いいですか、宇宙は、そして自然は、神の顕現なのですよ。神の想いが、物理的な結果として顕れた世界です。あなたは、すでにその神殿の中に暮らしているんです。最初から暮らしていたんです。この幸福、この有り難さ。それをじっくりと噛み締めてごらんなさい。そしてその感謝の目で、周囲を見てごらんなさい。

 

輝きが見えませんか? あなたを見守り、いつも応援してくれているのを感じませんか?

 

それ以上、いったい何が必要だというのでしょうか? 土と水とお天道様があれば、それで充分だとは思いませんか?

あなたは今、この瞬間を、確かに生きているのですよ。