by Rainbow School
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 他者を攻撃する人の意識の奥にあるもの | main | アール・ブリュットは、人が「自由」であることの意味を教えてくれる >>
不正直であり続けることは、自分の身体を傷つける

正直に生きる。人間にとって、それは最も大切なことです。

 

でもここで言っている「正直」は、世間で言われているところの「正直」とは、ちょっと意味が違います。「嘘をつかない」「正直に生きる」ことが大切だと言うと、これを杓子定規に捉えて、たとえば他者に対して、自分が思っていること感じていることを何でもかんでもぶつけるのがいいのかという方もいらっしゃるのですが、そうではありません。

 

世間で言う「正直」「嘘をつかない」は、他者に対する態度として言っていることですが、ここで言う「正直」「嘘をつかない」は、自分に対して言っていることなのです。つまり、自分の「魂」に対して、「嘘をつかない」「正直に生きる」ことが、何よりも大切だと繰り返し言ってきたのです。そして、これを言い換えると、「自由」に生きるということになるのです。

 

自分の「魂」に「正直に生きる」とは、どういうことを言うのでしょうか? また、なぜそれが最も大切なのでしょうか?

 

あなたの本質は「魂」にあります。そして、そのコアを形成する部分は、宇宙意識から「自由」を求めて別れたものであり、別れた状態にあっても、なおテレパシーによって常に繋がっています。このことから、あなたが、自己の「魂」の純粋な部分にアクセスすれば、それは自動的に宇宙意識とのチャンネルを開くことになるのです。

 

このようにして繋がった宇宙意識は、「宇宙の真理」そのものなのですから、それと繋がっている自己の「魂」に「正直に生きる」ということは、「宇宙の真理」のまさに体現となるわけですね。ですから、自分の「魂」に嘘をつかず、日々を正直に生きれば、不安もなく、間違いもなく、「自由」そのものを生きられるということになるのです。

 

他者に対して「嘘をつく」ということと、自分に対して「嘘をつく」ということは、重なっている部分も多くあるのですが、意味合いは大いに違います。他者に対して「嘘をつく」ことは、道義的な責任を問われることがある一方で、バレなければ御の字だという発想も生んでいます。ところが自分に対して「嘘をつく」ことは、その責任と結果から誰も逃れようがないのです。

 

このことを、人間は解っていません。他人に対してついた「嘘」は、隠し通せることもあると、図々しい人たちは思っています。その時、自分に対しても「嘘」をついていることは、完全に忘れているのです。自分に対して「嘘」をついているという感覚が、そもそもないのです。自分という存在は、この肉体を持ち、思考している存在だと考えているからです。

 

そうではありません。何度も言うように、あなたの本質は「魂」にあるのです。では、「魂」に「正直に生きる」とは、どういう状態を言うのでしょうか? あなたが、充分にリラックスしていて、ホンワカとした温かな気持ちにある時、あなたは「正直」に生きています。逆に、緊張して、ギスギス、ザワザワしている時には、「正直」に生きてはいません。

 

さらに言うと、嬉しくも悲しくもないのに、つまり感情は動いていないのに、ただ涙が溢れてくる。このような感動が内部から押し寄せてきた時というのは、あなたの「魂」が、宇宙の真理を掴んだ時です。言い換えると、自分が、何者であったかを思い出した瞬間なのです。それは、五感で感じる感動とは、全く異質のものです。これは、「正直」に生きているがこその感動なのです。

 

さてそう考えると、日常生活の中で、緊張を強いられたり、気持ちがギスギスしたり、ザワザワしたりすることの、なんと多い社会に、現代人は暮らしていることでしょうか? これらはみな、「魂」に「正直」に生きていないということを、正直に物語っています。

 

その原因は、一体どこにあるのでしょう? 結局それは「〜ねばならない」という数多くの「信念」を、子どもの時からイヤというほど刷り込まれ、そのまま大人になり、今度は自分が言う番になって、また多くの人々をその「信念」に従わせるということが、何万年にも渡って続いてきたからです。そして恐ろしいことには、こうした歪んだ「信念」を、強固に持つ人ほど人間社会では高い地位につけるのです。

 

倫理、道徳、正義、善、富、これらを人間社会では尊びます。悪い社会というのは、これらが失われた社会だと、多くの人が考えています。でも、世の中をよく観察してみてください。そこには、異なる倫理、異なる道徳、異なる正義、異なる善、異なる富の基準があって、互いに非難の応酬をし合っているのが現実だということを。

 

Aさんは、倫理、道徳、正義、善、富に関する自分の「信念」を持っている。今の世の中は、それらのものが失われていてけしからんと思っている。でもそれは、一人の人間の思い込みに過ぎなくて、Bさん、Cさんは、全く別の倫理、道徳、正義感というものを持っているかもしれない。「信念」を持つ人たちからは、そうした発想が抜け落ちているのです。

 

政府やメディアが断定するテロリストだって、彼らの「正義」によって行動しているんですよ。仮に、私があなたに自爆テロを命じたとしましょう。当然、誰もそんな馬鹿なことはしないでしょう。でも「正義」のためならば、人殺しだって、自分の命を捨てることだって、人は厭わないのです。

 

そんなものが、本当に宇宙の理法だとお思いでしょうか? 神のご命令だと、あなたはお思いでしょうか? ところが、宗教的信念は、その矩(のり)を、簡単に乗り越えてしまうのです。世界は一握りの狂人によって操られている。このもの凄い歪みが、ただ「信念」だけによって、今の人間社会では簡単に起きてしまうのです。

 

人間はまだ、倫理、道徳、正義や、善や富に関する価値基準そのものが不要なんだということまでは気づいていません。実にこれこそが、人間がいつまでも覚醒できない理由なのです。しかし、そうした「信念」を、綺麗サッパリ捨て去ることが、真の「自由」というものへの目覚めであり、「幸福」への扉なのです。つまり、人間社会でふつう言われていることとは、真逆だということです。

 

そして「正直に生きる」ことには、あなた方が知らない、もう一つの重要な意味合いがあります。それは、健康の基本だということ。生命を繋ぐ基本だということ。逆に言えば、「不正直」に生きることは、自分の身体を傷つけることになるということ。深刻な病気になる可能性が高いということです。

 

これは因果応報ということで言っているのではありません。宇宙の理法からして、そうなる可能性が高いということなのです。

今日は、このメカニズムについてお話ししましょう。

 

あなた方の意識が、底の部分では宇宙意識と常に繋がっているということは、いま説明しました。人間以外の動植物は、この繋がっている「feel」という感覚を自然に持っているのですが、人間だけは著しく退化してしまったのです。それは、いわゆる五感と知能との連携プレーの部分のみを発達させ過ぎたために、「feel」に蓋をしてしまったからです。

 

一方、脳がつかさどる意識とは別に、身体上の細胞にもそれぞれの意識が存在します。このことは、現代科学ではまだ認めていませんが、子供時代の古傷が同じ箇所にずっとあるというのは、細胞が記憶を持つということの何よりの証拠ですし、過去世との絡みで、過去世に拷問を受けたとか、槍が突き刺さったなどの部位に斑紋があったり、痛みを覚えたりするという人もたくさんおられます。

 

さて、そうした身体上の各細胞は、宇宙の真理に沿った生き方を、自動的に選ぼうとします。なぜならば、それが、自分が(つまり個々の細胞が)生きたい道だからです。それが理に適っていると、細胞は知っているからです。ところが、そこに、「脳が創る意識」が介入してくるのです。

 

自分の「意識」が現実を創るということは、これまでにも何度かお伝えしました。覚えておられるでしょうか? これは、何も周辺の環境のことだけを言っているのではないのです。あなたの身体も、あなたの「意識」が創り出します。あなたが「もっと食べたい、もっと食べたい」と意識し、そのように行動していれば、それに応じた身体が創り出されます。

 

その意味で、私がいま非常に懸念していることは、現代人が健康についての「脅し」を掛けられ過ぎているということです。やれ、◯◯障害じゃないか、精神疾患じゃないか、定期検診を受けないと癌で命を落とすぞ、新しいウィルスが蔓延してるぞ、というような不必要な情報で雁字搦めにされている。

 

しかも、「健康情報」と言って、新しい言葉がどんどん作られ、「最新の研究から、◯◯が発達障害の原因であることが分かりました」とか「癌の原因になることが分かりました」などという、更ななる「脅し」が、メディアを通じてバラまかれています。これらは、ある意図があって、故意に行われていると思いますが、人間の身体にとってはマイナスの作用しか及ぼしません。

 

話を戻します。身体の各細胞は、本来の状態で生きたいと思っているのですが、そこに「脳が創る意識」が介入してきます。その「意識」が、「魂」に「嘘をつく」生き方をしていますと、「正直」に生きたい身体の細胞と、脳が命じてくる「嘘をつく」生き方との間に、乖離が生じるのです。意識間の矛盾と葛藤です。これがよく言われる「ストレス」というものの正体なのです。

 

医者は、単に「ストレス」としか言いませんが(それは今のようなメカニズムを知らないために、その言葉で逃げているだけですが)、細胞レベルでは、今後の生き方に関して、激しい葛藤が続いているのです。特に「嘘をつく」ということは、奥深いところでの自己否定ですから、それが身体の細胞に伝われば、細胞の生き方否定にまで繋がってしまうのです。

 

ですから、一時的に葛藤が生じたとしても、早めに反省して修正し、充分リラックスして身体細胞をいたわってあげれば、元の元気を回復します。ところが、「嘘」をつき続けておりますと、こうした修復の時間がないばかりではなく、細胞否定をし続けることになってしまい、ついにはバランスの限界を超えて、重大な病気が発生します。

 

この、病気の発生箇所は、脊髄に沿ってある7箇所のエネルギーセンター(通称チャクラと呼ばれ、肉体上ではなく、アストラル体上にある)と、これにつながる経絡、および神経がおよぶ範囲の臓器や骨格、筋肉等に出現します。

 

各エネルギーセンターには、霊性上における課題がそれぞれ振り分けられているのですが、その課題に関して問題のある箇所に、病変が出現するのです。たとえば、常にカッカしているような人は、感情をつかさどるマニピューラチャクラに対応した部位である、胃腸に病変が出現します。逆に言えば、病気の箇所が分かれば、その人の霊性上の課題が分かります。

 

ということで、「正直に生きる」ということが、健康をつかさどる意味においても、いかに大切であるかがお解りでしょう。あなたの身体は、借り物です。借り物である身体を、自分のエゴによって傷つけないように、いつも大切に思って充分にケアしてあげることが必要です。食事、運動はもちろんですが、正直に、朗らかに、愛を持って、楽しく生きることが、健康のためにはいちばんなのです。