by Rainbow School
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 心を「無」にするなんてことは出来ない | main | 我と吾 >>
ヘイトとハグ ‐‐‐ どっちを選ぶ?

「フリーハグ」という言葉があることを、あるインターネットの動画を観ていて知りました。K国に対するヘイトデモが行われてる中で、K国のひとりの女性がそれを行っているのです。私もしょっちゅうハグをしています。日本人には全く馴染みのない習慣ですが、外国人がやっているのを見て「これはいいことだ」と思ってから、真似して積極的に行うようになったのです。

 

私はこういうシンプルさが好きです。ねぇハグしようよ。そんな簡単なアクションだけで、友愛のコミュニケーションが図られる。相手を値踏みしたり、疑心暗鬼でいては、ハグはとてもじゃないができないと思うんですよ。

 

それに比べて、「ヘイトデモ」とか「ヘイトスピーチ」とか、なんてイヤな言葉が流行っているのでしょうか。このような憎悪の表現行動が、今や世界中を席巻しています。

 

国家主義、民族主義、排他主義、人種差別、異教徒排斥の傾向が、世界各地で盛り上がっています。その根っこには、グローバル経済がもたらした歪みに対する人々の反動があると、私は分析します。地域固有の文化を破壊されることに対する潜在的な怖れが、背景にはある。そのことには同情します。でも、矛の向け先が間違っていると思うのです。

 

K国やC国をヘイト(hate:憎悪)するという時、それは何に対して言っているのでしょうか? その国の領土のことを言っているのでしょうか? それには領海も含むのでしょうか? そうではなくて政治体制のことを言っているのでしょうか? 特定の政治指導者のことを言っているのでしょうか? あるいは国歌や国旗のことを言っているのでしょうか?

 

それともその国の国籍を持つ人たち全員を言っているのでしょうか? その中には外国から帰化した人は含まれるのでしょうか? 反対にその国から日本に帰化した人は含まれるのでしょうか? その二世や三世はどうでしょうか? そうではなくて、風俗や習慣や文化のことを言っているのでしょうか? 言葉や食べ物や服装や、その国の輸出品のことを言っているのでしょうか?

 

いいや、そんなしちめんどくさいことはどうでもよく、ともかく、一切合切全部が嫌いだとでも言うのでしょうか?

 

結局、「自分が抱いているイメージ」が嫌いなのだということにはなりませんか? では、そのイメージを創ったのは誰でしょうか? その人です。ですから、憎悪を剥き出しにする人というのは、結局、自分が嫌いなんですね。自分の中に、どうしても許せない、イヤな部分がある。でもそれを、外側にある身近な対象者に転嫁してしまうのです。イジメの構造は、全部これです。

 

自分を信頼できない。自分を愛せない。自分を敬うことが出来ない。でもそれを素直に認めることが出来ないから、その憤りのエネルギーを、外側にある適当な対象者を見つけては、それに対してぶつけているのです。そこに、本人は全く気づいていない。

 

他者を見下すことで、自分が優位に立てる道理はありません。他者を憎悪することで、自分を愛することは出来ないのです。他者を憎悪する人は、自分を憎悪する人です。他者を愛することの出来る人だけが、自分を愛することが出来るのです。自分を愛することの出来る人だけが、他者を愛することが出来るのです。これが道理です。

 

憎悪の炎を燃やせば、結局、自分を傷つけます。ニュース報道などで、ヘイトの雄叫びを上げる人たちの顔をよく見てください。心の苦しさに耐えかねて激しく歪んでいるのが分かるはずです。自分の感情は、いつだって自由に選ぶことが出来るのに、なぜわざわざ「憎悪」の感情を選ぶのですか? それでハッピーになれるわけがないじゃありませんか? あまりにも愚かです。無智です。

 

ハグをしている瞬間の人たちの、顔をよく見てください。ハッピーが溢れているじゃありませんか。こんな簡単なことなのに‥‥。愛とは、こんなに簡単な理屈なのに。なぜ人間はいつまでも解ろうとはしないのでしょうか?