by Rainbow School
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 子どもの頃の感覚を思い出す | main | 転生回数の少ない「魂」が、なぜ今地球に大挙しているのか? >>
解脱=「輪廻」完了の意味とは?

人は、完成された「霊性」の獲得を目指して、地上世界での体験を重ねるために、何度も転生を繰り返します。個々の「魂」は、宇宙の総体(すなわち神)のかけらであり、神は自らを変化・成長させるために、分身である「魂」を、地上世界に送り出します。個々の「魂」がどのような体験をするかは、すべて自由意志に任されているのです。

 

「魂」の中には、生まれたばかりで、物質世界の出来事にまるで幼児のように好奇心と欲望を募らせる者もいれば、やんちゃで、ちょっと悪さをしてみようかなという者もいます。そうかと思えば、体験をずいぶんと積んで来て、優しいお母さん、何でも受け留めてくれるお父さんのように進化した「魂」もいます。さらには、まるで長老のような智恵者だっているのです。

 

現在の地球人口は70億超。人口爆発が起きていることの背景には、転生間隔がどんどん短くなっているということもあるのですが、それだけでは、この数にはとても追いつきません。そこには、新しい、まだ未熟な「魂」が、この機会を狙って、大挙して地球に誕生して来ているということがあるのです。それほど、今回のアセンションは、宇宙にとって非常に稀な重要な出来事なのです。

 

その総体としての行方がどうなるかはさておき、個々の「魂」にとっての課題は、やはり自己の「霊性」の向上ということに尽きるのです。ですから、人類の未来がどうなるかといった予言には、あまり心を奪われないようにして、あなたは自己の研鑽にだけ励めばよいのです。それが目的で誕生しているわけですし、地上に何が起ころうと「魂」は永遠なのですから。

 

さて「魂」が、自己の「霊性」をしだいに向上させて行き、ついに目標としていたゴールに達しますと、その「魂」は、地上への転生を終えます。つまり「輪廻」が停止します。「輪廻転生」というグルグル廻る輪から脱したということで、これを「解脱」と言います。「解脱」した「魂」は、今度は霊界で、さらなる向上を目指すことになります。

 

若い頃、私は仏教を学んでいましたが、仏教徒にとって「解脱」というのは、修行の最終目標でした。しかし私は、そのことにどこか釈然としないものを感じていました。

 

仏教では、この世に生きることを「苦」と捉えるので、「輪廻」の終了は、同時に「苦」からの脱出を意味します。そうすると、なぜ「苦しみ」のために、わざわざ輪廻転生を繰り返すのか、ということになってしまいます。これを仏教では、自分で積んだカルマがそうさせるんだと説明しているわけです。

 

確かに、生きていることには「苦しみ」が伴い、人間観察をしていれば「輪廻転生」も「カルマ」の働きもその通りにあるということが解ります。でもこの三つを結びつけた論理は、どこか釈然としません。

 

この違和感は、後になって、キリスト教がイエスの教えではなく、仏教が釈迦の教えではない、ということを知ってから、ようやく解消されました。キリスト教では、生まれたことがそもそも「罪」なんだと教え、仏教では、地上で生きることは「苦しみ」ばっかりなんだと言う。しかし、それは言い過ぎというものです。

 

これらを強調することは、時に誰もが感じる、罪の意識や、生きることの苦しみを、組織宗教への吸引力とすることに大いに役立てられました。しかし一方で、地上世界には必ず出現する二元性の、ネガティブな面だけをあまりにも強く刷り込んだために、これが人々の潜在意識の中に、輪廻転生する度に、「縁」によって深く深く植え付けられてしまったのです。

 

今の世界は、こうした何代にも渡る刷り込みを受けてきた古くからの「魂」と、好奇心いっぱいの生まれ立ての「魂」が、混在して出来上がっているのです。さて、生まれ立ての未熟な「魂」に、凝り固まった宗教論理を吹き込んだら、一体どうなるでしょうか? 簡単に、狂信者が大量に発生してしまいます。これが、霊的観点から見た、今の世界の危うさなのです。

 

宇宙は一つです。全部が一緒です。A教もB教もありません。一つの「真理」のみが、普遍、かつ不偏にあるだけです。ある方向に分けて、こっちが正しいと言った時点で、それはもう普遍でも、不偏でも、不変でもないのです。今度のアセンションの機会というのは、このことを、いよいよ地球人が知るための時期として、地球時間で遥か遠い昔に設定されました。

 

「解脱」というのは、「苦」からの脱出ではありません。「苦」からの脱出とは捉えないでください。苦しむ必要など、最初からなかったのです。「解脱」の本当の意味は、楽しい世界、平和な世界、愛のある世界に入って行くということです。自分のふるさとである「光」の世界に帰るということです。

 

それは、意識を変えるだけで出来るのです。あなたが、毎日を楽しみ、平和と愛を、周囲に振りまきさえすれば。

いいですか、あなたは、そのために生まれたんですよ。