by Rainbow School
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 俗世間を、楽しく生きる | main | アドラーの「課題の分離」 >>
不倫? どんどんやれ!
セミナーが終わって懇親会をしている最中、「そういえば、ジカ熱って今どうなったの?」と訊いてみました。すると「不倫に変わった」という答えが返って来ました。今は不倫につぐ不倫で、「不倫の連鎖」なんだそうです。そうなんですか? だとすれば、パンデミックの恐怖を煽ることと不倫とは、テレビ局にとって同レベルのネタなんですね。

「不倫ってそんなに悪いことなんですか? 不倫も文化ですから」と、かつて石田純一さんが語ったとされているのですが、私はその発言に、全面的に賛同します。

動物を見てください。動物たちは「不倫」でギャーギャー騒いでいるのでしょうか? 騒いでいるのは人間だけです。「倫理」に反するから「不倫」だという。しかしその「倫理」は、民族や宗教や価値観によってみんな違うじゃありませんか。そんなものが人類にとって普遍的な、守らなければいけない掟だとでもいうのでしょうか? 馬鹿げています。

飽きの虫、リンリリンリと やかましい

なぜもっと本質を見ようとしないのでしょうか? 「不倫」だって、「愛」の学習じゃありませんか。くっ付いたり離れたり、傷ついたり傷つけたり、反省したり無償の愛に目覚めたり、そうやって成長していくんじゃありませんか。それをなぜ、咎め立てしようとするんでしょうかねぇ?

私は、そんなことで騒ぐのは、みんな「羨ましい」からだと思います。私はすごーーーーく「羨ましい」です。(長音をあと10個くらい追加しても可)
「羨ましい」んだったら、「羨ましい」と言って、自分に出来ないことが出来る人を、賞賛すればいいじゃありませんか。

賞賛しないから、自分の中に壁を作って、モテない人間になってしまって、モテる人を見ると嫉妬に狂って、自分がますます魅力を失うんじゃありませんか?
Make Love にタブーなんかありませんよ。動物を見習え!ですよ。

還暦過ぎた私だって、やれば出来る! 現在「恋人募集中」ですから、われと思わん人はどんどん来てください。ただし言っておきます。私にだって、選ぶ権利はありますから。